2009年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03/15(Sun)

Romeo & Juliet~感想~【2010/7/15up】

前略プロフの日記にうpしてたのを、今更ながらこっちに持ってきましたw
自分用メモ的な感じです。


ロミジュリ※ネタバレ要素満載
お泊まりも終わったし,前回みたいな感想じゃなくて,きちんとストーリーに沿ったレポしようかと思い…

【aboutセット】
5分前の鐘の後,照明が落ちて2&3階席の周囲の蝋燭が灯る神秘的です
セットは舞台中央に大階段(大階段はすごい活躍します;ω;)!その両脇に大きいステンドグラス!!!舞台の端には,出窓とマリア像
始まった途端,"どの席からも舞台がよく見える"が売りの小さいグローブ座が,ヴェローナの街に変貌します


【aboutストーリー】
まずはロミオの洗礼式。ヴェローナの街の様子。そしてマーキューシオ(翔央)*ティボルト(ハセジュン)登場ベンヴォーリオも

でロミオ登場オチャメです…女好きの遊び人。この頃はよく下ネタに走るw陽気なロミオ様。この陽気さが,後半の悲しさを引き立てます

アドリブも入り…自分に自信がないジュリエットに「わぁ--笑って!ほら笑って!!」って言いながらテッテケテー笑…たっちゃんの声,すごいかわいかった

どの公演もベンヴォーリオとのアドリブ入れてるっぽい
《ロミオにキツい命令をされ→"噂通りのドSですね"*たっちゃんにモジャ男と呼ばれた時のベン様→"そんなぁ…モジャモジャしてますか;_;えぇ---"ロミオ→"あっ!ごめんねっ?(ベン様の頭ナデナデ)》
ドSなトコとか,ロミオじゃなくて上田竜也だった笑

ジュリエットと出会う
女を知らないみたいに初々ロミオ様
お互いの身分を知らないキスはさらっと^^
敵対してる家の子供通しだと気付いた後,2人とも名前や家を捨てる決心をするのね…
結構好きな場面2人は貴族なんだから,すごい決心したと思う(*_*)
その後結婚式幸せそうに2人が笑いあうんだけど,ここで明るいのは終わり…

でマーキューシオ*ティボルトの死
マーキューシオはロミオの盾になって死にます…
海賊になれるチャンスが巡ってきたばっかりなのにここで初めてロミオ泣くこの後は頻繁に泣く笑。
ティボルトは,妾だけど名門キャピュレットを誰よりも愛しててジュリエットが好きなんだけど,パリスのせいで告白さえもできないかわいそうな人。
原作のキャラは嫌だったけど,ハセジュンは一途でかっこいい

死に伴いロミオ追放。
追放される日の朝まで別れを惜しむ…これが2人の最期だと思うとね><.
ヒバリとナイチンゲールの話のとこです。
せつなす・・・赤カーペットよかった

ロレンス神父の思惑によるジュリエットの偽装死…ベン様の伝達。

ヴェローナを追放されて,名前,家,血統を失ってただの民になって働くロミオ。稼いでジュリエットと暮らす夢に向かってひたすら進むロミオ。それが辛いし叶わないと思ってるんだけど,明るく振る舞うロミオ…
そんなことをしてベン様に強がるシーンでグッときました><

血で街を赤く染める両家の争いを嫌い,血統を嫌い,名前を捨てたロミオ…でも外の街でも結局それにすがるしかないとわかり,ロミオは悔しくて泣き叫びます。
つまりきらびやかな短剣…ただただ切なくて私的に1番泣けます

ロレンス神父からのジュリエット偽装死についての伝達が届かない内に,ベン様からジュリエットが死んだ話を聞いたロミオはほんとに泣き崩れ…
このへん,かわいそうすぎる;ω;
挫けそうになっても,withジュリエットの夢だけを想って頑張ってたロミオにとってこれはもちろん大きな衝撃。

ロミオが"ジュリエットを見た後,自殺をしよう"って決めてヴェローナに発ってすぐ,ロレンス神父からの密書が届く

そして…ジュリエットの亡骸にすがりつくロミオ。
痛々しくて辛かった;ω;
ジュリエットの手紙に本泣き…
たっちゃんも役に入り込んで号泣その手紙はジュリエットの希望が書き並べてあるんだけど,希望が"ただ隣を歩きたい"みたいな小さなことなの…
これが普通にできないふたり天国以外にもう一度結ばれる場所は無いと思って,躊躇無く毒を飲み干すロミオ…
美しい死に様でした。
最期まで永遠の愛を求めてね…
喪失感に打ち勝つ術なんてなかったんだろうな…あのロミオに"生きて"なんて言えない

ロミオ自殺の後,42時間の毒が切れジュリエットは起き上がり,傍らに倒れるロミオを見つけて喜ぶ…
でもそれはもう冷たくてロミオと一緒でジュリエットにとっての世界も,ロミオ無しでは成り立たないもの
ジュリエットも毒を飲もうとするんだけど,ロミオが残さず飲んでしまって一滴もない…ロミオの唇に残ってる毒も,ってなるんだけどやっぱり死ねない。
結局ロミオの短剣で自殺…。

最後は大階段にふたりで立て終了カーテンコールと続きます。
13日はディフェンスかけたベン様とロミオ様がじゃれ合いました笑


仮定の話するとね--
◆マーキューシオとティボルトが死ななければ…追放されずにすんだ
◆ロレンス神父に偽装死以外の方法があれば…ふたりとも死なずにすんだ
◆伝達が少し早ければ…偽装死だってロミオもわかったのにこれが1番辛い
◆ロミオが短剣を持ってなければ…これが1番皮肉だよね。追放される時,全てを捨てた筈のロミオが1つだけ持ってきたもの(いざとなったら高値で売れるんだしってことで)…それが短剣。ふたりにとって,どちらかが欠けたらもう終わり…だからジュリエットは,ロミオが自分を残して死んだことへの悲しみを原動力に後を追う…。悲恋だね


過去最長w約5000字...駄文でごめんなさい!
スポンサーサイト

テーマ : KAT-TUN - ジャンル : アイドル・芸能

00:21  |  ロミオとジュリエット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。